黄体ホルモン

腹痛や下痢が起こりにくい、穏やかなお通じをサポート!

女性なら、毎月の身体のリズムに伴って、おなかの調子にも変化があることを経験しているかもしれませんね。

 

 

実は、おなかの調子と、女性ホルモンには密接な関わりがあるのです。

 

 

女性ホルモンには「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の2種類がありますが、そのうち、妊娠中や、生理前の時期に多く分泌される黄体ホルモンには、体に水分を溜め込もうとする働きと、大腸のぜん動運動を抑制する働きがあります。

 

 

この働きによって、便の中にある水分が体内に吸収され、便が硬くなりやすくなり、同時に腸の動きも鈍くなるので、黄体ホルモンが多く分泌される時期の女性には、どうしても便秘が起こりやすくなってしまうのです。

 

 

男性に比べて、女性の方に便秘に悩む人が多いのも、このような理由があったのですね。

 

 

便秘は辛いものですが、あまり薬に頼らずに治したいと思う方が多いのではないでしょうか。

 

 

特に妊娠中などは、薬もなかなか飲めませんから、なおさらでしょう。

 

 

そんな時、自然の素材を使った便秘薬なら安心して使えますね。

 

 

プランタゴ・オバタなどの食物繊維を中心としたものであれば、どんな方でも使え、おすすめです。